立川 保険相談

立川駅近辺でできる保険相談

西東京で買い物に便利な街で有名な立川駅。実は立川駅付近には多くの保険相談窓口があり、保険見直しをしたい人が数多く訪れる街でもあります。
立川駅付近には複数の生命保険会社商品を扱う保険相談ショップだけでなく、生命保険会社のオリックス生命、プルデンシャル生命保険、第一生命、太陽生命、アフラックなどの支社やショップもあります。
立川駅近くにある保険相談ショップをいくつか紹介します。人気店舗としては保険クリニック立川店、保険見直し本舗立川駅前店、ほけん百花高島屋立川店、保険相談サロンF.L.Pルミネ立川店、ほけんの窓口立川支店、ゼクシィ保険ショップがあります。
また直接家や喫茶店・ファミレスへ出向く、訪問型の保険相談会社として人気の保険マンモスや保険のビュッフェ等も立川駅近辺や立川市内で相談できます。
保険マンモスや保険のビュッフェのような訪問型保険相談会社は基本的には家で相談することになります。ただし家での相談が嫌で、出先での保険相談を希望の人は、立川に店舗を構えていないため、立川駅近くの喫茶店やファミレスで面談することになります。
喫茶店・ファミレスでは保険の資料やパンフレットを広げたり、提案書や個人情報が外から見られてはまずい為、隣の席との間隔を一定間保つためにもボックス席が推奨されます。
立川駅では駅北口も駅南口もファミレスが多いですし、面談しやすい喫茶店も多いので保険相談しやすいです。どの保険相談ショップも保険の見直し可能で、生命保険・学資保険・医療保険・がん保険・終身保険・死亡保険・養老保険、個人年金保険など保険会社の商品なら全て取り扱いあります。
来店型保険相談ショップは生命保険会社の商品を複数扱いがあり40〜50社ほどの保険会社の中で、一番お客さんにあった商品や適切な保障額に合わせた保険、保険料を抑えた保険などをさまざま紹介・提案します。
紹介された生命保険の中で、希望する商品があれば申し込みも可能です。保険会社の審査が通れば契約できます。保険相談窓口在籍のファイナンシャルプランナー(FP)に保険の相談をする場合は、第三者的立場で保険見直しをしてくれるので保険選びに迷っているお客様は是非活用してほしいです。
訪問型保険相談サービスを展開している保険マンモスや保険のビュッフェ等は、定期的に期間限定でやっている保険見直しキャンペーンがあります。これはJCB商品券5000円が付いてくるキャンペーンです。見つけたら運がいいです。興味があれば保険相談しましょう。
訪問型の保険相談サービスで苦労することは、面談時間が予想以上にかかり喫茶店に迷惑をかけてしまうこと。喫茶店・ファミレスはお客さんの回転率が命なので時間がかかってしまうのは面談に向いてません。事前にお店側に予約を取って、保険相談として面談してもいいか聞いてもいいでしょう。
ファイナンシャルプランナー(FP)は知識が豊富で様々な情報提供をしてくれます。保険相談が2時間近くかかってしまうのも普通です。
初めて会っていきなり保険に強制加入されることやしつこい勧誘などはありません。保険相談するときは、仕事帰りの夜の時間やお仕事が休みの土日に面談するといいでしょう。保険見直しには2時間くらいかかるのが予想されるので時間に余裕を持って予約しましょう。
立川で保険相談することは今まで知らなかった情報が知れたり、新しい保険商品や利率のいい生命保険、安い保険料の保険商品が知れたりします。
素人にとって保険は難易度が高いです。ネットや本、雑誌でいくら調べても素人には難しいのです。保険窓口にいるファイナンシャルプランナー(FP)に相談すれば保険を検討する時間の短縮化につながります。また自分にあった保険選びもできます。
保険相談ショップはどこを選択するかは立川駅近くの評判の良い保険相談ショップを調べてみましょう。失敗しない保険選びは、色々な保険相談窓口に行って営業員スタッフから情報提供して貰うことです。

保険相談ショップでいくら中立的と言われても手数料を目的として提案してくるスタッフやファイナンシャルプランナーもいます。お客さん目線で保険比較をしてくれて特徴やメリット・デメリットを教示してくれるファイナンシャルプランナーに出会うまでは保険窓口は色々と変えたほうがいいです。
立川駅近くには多くの保険相談窓口がありますのでいろいろなショップに相談しましょう。インターネットで加入してみたい気にある保険会社の評判や口コミ、生命保険について特集されたサイトを参考にして保険について検討しましょう。
保険相談ショップへ行く際のコツは、保険について自分でも勉強して簡単でもいいから保険の理解していること。また加入中の保険の契約内容がわかる保険証券や保証が細かく書いてある用紙を準備するのもオススメです。
仕事帰りの平日夜や休みの土日、また仕事の合間の忙しい昼間に立川駅近くで保険相談するので、せっかくなら実りのある相談がしたいものです。
希望がない限り1回目の保険相談で契約を結ぶ必要はありませんが、保険見直しをするからには無駄にならないために準備して臨みましょう。

 

終身保険という名の学資保険

 

2年半前に結婚して元々私が加入していた生命保険会社に主人も一緒に見直しながら加入しました。
立川でなく、池袋 保険相談をした時に出会ったプランナーさんで、この方はすごくよくして下さる方で、会う度に保障内容や契約内容は覚えていますか?と毎回聞いてくれます。今どきこんなプランナーさんいるかなと思うほどです。

 

普通は加入したら終わりという所が多いように思います。
そんな信頼できるプランナーさんだからこそ将来を考えて教育資金の事を相談していました。
将来は2人の子どもを希望していて、一昨年に第一子は誕生しましたが保険に関しては先を見据えて生まれる前にすでに契約はかわしておきました。
その保険の種類が「米国ドル建て終身保険」です。

 

外資系の生命保険会社なので、受け取りたい時にはその時のレートを見て、円でもドルでもどちらでも受け取れるというものです。
払込期間は10年で年払いになっています。1年でだいたい40ドルなんですが、ここ数年はレートの関係で支払い金額が上がっています。
払込期間は10年ですが、もちろんそのまま11年目以降も解約をせずに残しておいても返戻金がアップするしくみになっています。

 

10年ですので上の子が小学4年生になった時点でとりあえず一人目の大学資金は貯まっているということになります。学資保険のつもりで契約してますが、保険種類は終身なのでもし主人に何かあった場合もおりることにはなります。
年払いなので厳しいところもありますが、契約して良かったと思っています。